1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  04 ,2017

人生という抜け出せない迷路に入って早20余年。日々感じる事を徒然と

プロフィール

PJベリー

Author:PJベリー
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

01

Category: NO NUKES

Tags: ---

Comment: 1  Trackback: 0

右側の脱原発デモ に参加してみて
7月31日、こちらのデモに行ってきました。
右から考える脱原発集会&デモ
右~




政治思想の事だからことのほかナーバスなタイピングが必要かとも思いますが、
そもそも右翼に対する僕の知識が浅いもんですから細かい所は無しで。
「右翼の反原発デモに行った」という話。


余談ばっかりで長いので3つにわけました。
①参加までの経緯
②脱原発デモ
③まとめ




●参加までの経緯

ふだんから滅多に更新しないblogなもんで一応、僕の立ち位置から書いてみます。

僕の中での右翼は.....繁華街の街宣車のそれです。

やれ竹島だ、尖閣諸島だ、北方領土だ。
みたいなところでしょうか、そもそも意識して聞いた事がありません。
イメージはざっくりこんな感じです
(見るまでもないですが「街宣車」「右翼」で検索して一番最初に出てきたものです)




これは余談なんだけれど
5、6年前、島根県議会が2月22日を竹島の日と決めた時、韓国で反日感情が高まる様子をTVで見た事ある。
それを受けて韓国での反発に右翼が島根の海岸まで来て抗議したらしい。
竹島の領土は隠岐の島。僕の出身地なんだけれども「島の人間よりアツい」と思った。(悪い意味で)
学校の地域社会学習でも竹島の事は習った。教員は地元では歴史学を研究しているグループの1人で「(歴史的に見て間違いなく)竹島は日本のものだ」と断言した。
まあそれは間違いないということでいいんだが、「隠岐のもの」と言わず「日本のもの」と言った事が気持ちのいいものではなかったし、何より断言したその語気がその時は怖かった。




「反原発の売国左翼」と一方的な論調で僕も参加していた反原発デモの日に合わせて反反原発デモをされたこともあったわけだしそれが右翼の一貫し主張だと思ってた。

原発はなくさなくてはいけない。

誰もがこのままでいいと思ってる訳ないのに、この期に及んで東電の「原発ないと電力たりないから節電してね」運動は推進派の政府(※管総理を除く)メディア、銀行、大企業が国中を取り囲んで展開している状況なわけですが。
そんな中で仕事がなくなる覚悟の上で「反原発」を訴えだした数少ないミュージシャンや俳優、学者達の歌や思いを述べたtwitterやデータや動画が広がって、有志が集ってデモを始めていって自分もそこに参加してみる中で、日々、変わってきていると感じていた時に今回の右翼の反原発デモも知った。


しかしながら反原発のためとはいえ、右側の人達に混じって自分がデモに入るのは抵抗があった。

何を叫ぶのだろう、紛れてそこで自分が納得出来ないものを叫ばれたら嫌だな、、、。
というか右翼に混ざって何しとるんだ俺は。

行くと決めてはみたがモヤモヤしていた。
けどまあ何も同化する必要はないんだと思い直し嫌なシュプレヒコールはしないし、最悪帰ればいいやと思って勉強のつもりで晴れて参加してきました。



●右側の脱原発デモ


【タイムテーブル】
14:00 開会
14:05 趣旨説明
14:15 連帯のアピール
14:50 デモ行進中の注意事項
15:00 シュプレヒコールの説明確認
15:10 閉会の言葉
15:30 デモスタート
16:30 水谷橋公園流れ解散、終了

出発までに1時間半もあるんだからちゃんとした主催者の話を聞きたかったが僕が着いたのは15:30でまさにデモが出発し始めた時で、小走りで最後尾に合流。

結局まあよくわからないもんだから最後尾からデモを眺めてた。

国旗とかのぼりの人が多い&右翼の人のシュプレヒコールはやっぱり活動家ノリだった。太く低い怒号のように力強くて一つ一つが長くて最後尾からでは聞き取りづらい。

「政府は.....における...を撤廃しろ!」「...ッパイしろー!」
「福島の子供達を直ちに...........実現しろ!」「ジツゲンしろー!」

後ろの部分を繰り返してるみたいなんだけど、自分が難聴なのも手伝って何を言ってるのか分からない。
しかし参加者は皆手に持った紙を見ながらコールしてるので、どうやら事前に配られたもののようでそれに書いてあるっぽい。メモを見ながらが前提の長いコールだった。
しかし少し前に進むと、長くて覚えきれなかったが言ってる事はおおむね以下の通り。

「汚れた国土、海、空(川?)を守れ」
「東電を税金で救うな」「人命を守れ」「情報を開示しろ」

聞いた限り同意出来ないものはなかったので次第に声を出してコールするようになった。
一人一人のボリュームがでかくて自分の声が聞こえないくらいでかい声でみんな怒りをコールにぶつけてた。
経産省前、東電前では立ち止まって見る限りまわり全員が声をあげた。

「お前らを税金で救う為に俺らは働いてねえぞ」
「社長出てこい」
「お前ら中で冷房つけてんだろ」

当たり前の矛盾に対してちゃんと大声を出して怒れる場所が存在していた。右翼に混じって僕も声を荒げてた。

繁華街では掲げたプラカードを僕や普通の人は歩行者や車に見せて訴えようとしたがコールの訴え方がハードコア過ぎるのか土地柄なのか、色付きで見られたのかレスポンスはいまいちだったように思う。
もはやそれは問題じゃないのか。そもそも目的は東電や経産省に怒りをぶつける事だったのかもしれない。
マスコミもたくさん来ていたからそこに訴えるという意図も大いにあるはず。
ただ、後でホームページを見直したら「いまこそ、すべての人に呼びかける脱原発のウェーブを!」と書いてあったのが気になった。




●まとめ


そんなデモに参加して感じたのは、今日の彼らの想いになんら異論はなかった。

脱原発(自分は反原発です)というワンイシューにおいては右も左もないのは分かった。

やり方はそれぞれ。に尽きる。怒りの矛先は同じでしたよ。

状況がどうあれ、それに右翼の人達は一般の参加者を受け入れた。
新右翼という事みたいですが国を愛する本物の右翼の人達だと思った。
逆に、これとは違う主張の違う右翼もいるわけだし。

こんな国難の中で共に戦う人を選りすぐりしている状況でもない。


僕は福島に親族、親しい人が全くいないんですが、島根県にも鹿島原発がある。
鹿島町(当時)の友人に学生の頃「町は原発で金が有り余ってる」という話をよく聞かされた。
採算がとれるわけもない場所にでっかい温泉があった。
その代償が今の状態だと思うとやはり他人事とは思えない。


自分が正しいと思う事を訴え続けるしかない。



長くなりました。読んで頂いて感謝です。

写真、見事に撮ってない...。

スポンサーサイト

13

Category: 今、書いておきたい事

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 1

ざっくりと「ストレス社会」(※切れ味0)
結構前から、なんとなーく思ってはいたけど言葉に置き換えるのが難しくてうまく言えなかった事について書いてみます。

うまく言えないもんだから書き出しにも迷うものだが、
切り口は
よく耳にする、「ストレス発散」って言葉。

例えば旅行行ったりとか、好きな事に没頭した時なんかに言うと思うんですが、
なんなんでしょう。僕はよく耳にするたび違和感を感じる事が多いんです。

「ストレス発散になったわー」
みたいに爽やかに言われるものですから
まとまりもしていない違和感を伝えてその場を潰すような事もしたくんで考えてました。

じゃあストレスをためるような生活すんなよって言いたくなる。
楽しく好きな事してる事を批判したいんじゃなくて、元のライフスタイルに問題があるような気がしてなりません。
ストレスの素って何だろうって考えるようになった。

シンプルに育児のストレスだったらあまり何もいいたくならない。
大変だろうというのは想像出来るし、納得。

それが社会的な要因で受けざるを得ないストレスだった時にいいたくなるんです。
曖昧な事言ってますが、少し説明がいります。

ストレス社会と聞いて久しいですが、それの受け皿としてセットになってストレスを発散させる場が多い気がします。
マッサージ、エステ、風俗、のようなストレスありきの娯楽産業。温泉なんかもそうかもしれません。
これらは「ストレスを発散させる場」としてストレス社会を肯定している。
なんらかのデータを出さないといけない気もしますが、発展の一つの大きな要因には間違いないかと。必要悪という言葉がありますね。


じゃあストレス社会とは?
マニュアル対応、業務的会話、とかそういう「個」を封じた管理社会が問題がある気がしてならない。

ざっくり言うとバビロンの
「ガス抜きは社会にたんまりある。それらを利用して奴隷としてたんまり働け」
という思惑を感じるんです。

「個」を排除されてしまうと、どこかにバランスを取る場所が必要になる。

会社でのA面、プライベートのB面と2つの顔が出来る。
それがこまかーく別れていってストレス社会は人を多重人格にしつつあると思う。

テーマが大きすぎてまだざっくりした話ですが、
311の震災の後、少し答えに近づきました。

世界的な問題になってる。原発事故。
原発をどうするのか、という日本人からしたら生活に直結する問題なのに
問題が政治的すぎてなかなか日常会話で原発うんぬんを語る事が出来ない。

政治的な色が原発アリ、ナシ両方に着けられ過ぎていて
会社で「原発反対だよ俺は」なんて事は気軽に言えない。
本当の声をネットで言ったり聞いたりする事になってる現状である。

「ネットでの顔」もここで加わったというのが容易にわかる。
そこで発する言葉は家族にすら言えないものかもしれない。
ただ原発の問題はここでは割愛。
もちろん、名前と顔を公表して意見を言う人もいるけどね。
ただ、個人としてそれをやるデメリットはなかなか大きい。

「政治、宗教の話は他所でするな」
特別、親からそんな教育を受けた事はないはずですが頭の中の結構深い所に居座るこの考え方。
いかにも日本人的な発想の気もしますが、海外でも公に政治、宗教の話はナンセンスでしょう。


ただあまりにもA面B面C面D面、、、と細分してお互いの顔がリンクしないようではなかなか問題の解決は近道ではなくなるという事も浮かびあがってきた。



ざっくりしすぎですが、日本の道徳的な問題でもあるし、もっと考えていきたいテーマです。

そしてこんな事を言っておきながらtwitter、mixiとネットさえ使い分けてしまう自分がいるのも事実っすw

自分が今日何食べた、どこ行ったみたいなのを書くにはあまり気が乗らない性分なので、

twitterで書ききれない事、
mixiでスルーされてしまう事(あと↓前回エントリーで書いたような件もふまえつつ)、
そういう事をここでは書いていきます。


12

Category: 未分類

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

最近思う事
なかなか続かないblog

mixi、twitterと平行でやるのもなかなか、億劫なもので放置してました。

今回改めて書こうと思ったのは、

SNSは日々流れて淘汰されてしまい、残らないもの

と思うようになったからである。

mixiは改悪を重ねた衰退し、自分のまわりの利用者が減る一方でより閉鎖的な空間となってしまった。
もともと内輪向けSNSゆえに、サブカルや政治的な話が日記に書きづらい。限度がある。
せっかく記録として書いた所で検索機能がなくなって、カテゴリ分けも出来ないために後から参照するのにはむかない。公開しても辿り着く人は稀。

twitterも然り、オープンといえども文字制限と日々流れて記録どころじゃない。




まあそんな有益な事ばかり書けるわけではないんですが。
オープンに文字制限なくカテゴリ分別しながらジャンルレスに綴っていきます。

06

Category: 未分類

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

サイレントテロ~快楽主義vs禁欲主義~
前回の記事とも関連してるけど、twitterで以前拾ったおもろいサイトを貼っときます
サイレント・テロ


興味深くて面白い。ネタ感もありーのでw
マネーマネーの社会への徹底的反抗、金に頼らない生き方、etc...

健康管理は金に頼らず、自分の注意力で未然に防ぐなどなど最小限の消費という価値観。


「もったいない」は使い切るんじゃなくて不必要なものはハナから買わない事でしょう。



「勝ち組・負け組」っていう価値観はすっかり定着したけど、

やっぱりそんなんふざけんなって当たり前の感情が出てくるみたいな。

(ちなみにこの価値観は秋元康氏が提唱したらしいけど、自分が「勝ち組」って思ってなかったら言えないっすよ)


社会の表と裏。優良企業の金への執着。あげたらキリないすけど生きてくためには企業もマネーが必要だもん現状、生きるためっす。

つまりは社会のシステムを変えてかないと。
みんなが広く知れば、こういうシステムは壊れて行く。



↓以下転載です

サイレントテロ活動内容(1)

コンビニで買い物しない。
生活と人生を混同しない。
摂生に努め、心身の健康を保つ。
他人と比較しない。平均を求めない。
粗食を旨とする。暴飲暴食はしない。
親に自分のことを早く諦めてもらう。
性欲の解消はオナニーだけで十分です。
日用品は最低限の健康と清潔を保つのみ。
国家、社会、組織や個人に忠誠を誓わない。
トイレや洗顔は、外のコンビニなどで済ます。


サイレントテロ活動内容(2)

スーパーの試食、懸賞、アンケートが趣味です。
とにかく競争心を持ちません。負けるが勝ちです。
新聞や本は買わない。立ち読みか図書館で済ます。
衣類などの無意味なブランドには興味もちません。
自宅の不動産価値は、全保有資産の半分以下に抑える。
贅沢をしない。見栄を張らない。質素倹約を心掛ける。
資本主義社会では広告まみれの世界。誘惑に負けるな。
日用品食料品などは買いだめしない。必要な物だけ買う。
余分な消費を抑え、モノは長く大事に自分で修理して使う。
勝ち組の不幸・転落ニュースが最大かつ唯一の楽しみです。


サイレントテロ活動内容(3)

学歴も金もいい異性も思い出も、墓場までは持っていけません。
人に期待しない。世間に求めない。夢は見ない。希望は持たない。
出来る限り金を市場に回さない。勝ち組、異性に金を落とさない。
高級品・高級車・住宅は、使いません買いません。欲しがりません。
常識・風習・伝統・流行など、常にあらゆるものを疑う視点を持つ。
いくらモテなくても結婚相談所などに登録しない。運命を受け入れる。
マッサージは大型電気店のメディカルチェア体験コーナーで十分です。
クビになろうと一生独身でバカにされようが、絶対に自分を見失わない。
ネットをフル活用しすべての娯楽、生活情報収集は基本料のみで済ませます。
生活に農耕、漁猟、狩猟、採集などを取り入れ、個人的食料自給率を上げる。


サイレントテロ活動内容(4)

同棲、結婚、出産、共同生活等、生産性を促す社会活動には、加担しません。
社会に関心を持たない(最低限天気予報や自分の関わりのあるニュースのみ)。
結婚はできればする。ただし結婚しても子供は作らない。結婚相手に貢がない。
冠婚葬祭や風習・行事に金をかけない。腐敗した宗教観に金をぼったくられるな。
ひとはすべて快楽で動いています。脳内の電気信号で一生振り回されているだけ。
ネット用のパソコンはジャンクや型落ちのもので十分。ソフトはフリーウェアのみ。
快楽に貴賎はありません。ごろ寝・妄想オナニー各自の好きな快楽追求で十分です。
病気にならない、元気な老人を目指してもよいが、健康になるためにお金はかけない。
金で音楽は買いません。個人サイトなどでアマチュアが作った自作曲のほうが名曲揃い。
他人や社会には騙され嵌められないようにチェックはしますが、競争には加わりません。


サイレントテロ活動内容(5)

基本思考は「所詮、人生なんて死ぬまでの時間つぶし」。
自殺はしないが生きる為に必死にならない。
人生や行動に、具体的な目標をつくらない。
あまり考えすぎない。無理をしない。頑張らない。
勝ち組だろうが負け組だろうが、結局、
人生の最後に行き着くところは「死」です。結果は同じです。
あらゆる出来事に対して無関心、傍観者的立場を貫け。
騙されないようにだけ気をつけろ。
混乱に巻き込まれるな。混乱は観察するもんだ。
考えすぎず、心配せず、常に冷静さを保つ。


サイレントテロ活動内容(6)

社会の仕組みを勉強し、支配者層の思惑に乗らない。
勝ち組の競争の誘いにはのりません。
人間を奴隷かモノの如く扱う、偽装工作をするなど、
モラルが著しく欠落している企業、団体等には金を落とさない。
奴隷労働型企業では働きません。
自分の働いた対価の大半は楽している勝ち組に搾取されるだけです。
受け取る報酬以上の仕事はしない。
度を超えた真面目、努力、忍耐、従属、お人良しは美徳ではない。
宗教は個人的な範疇ならば信仰して良いが、
宗教団体や占い師などには一切金を落とさない。


サイレントテロ活動内容(7)

今使っている物以上は、持ちません。
今持っている物で済ませます。新しいものは買いません。欲しがりません。
修理できない生活必需品は、耐久性に優れたものを買います。
安物は逆に買わない。中国製品を買わない。
借金はしない。カードは作らない。保険には加入しない。怪我や病気をしても病院には行かない。
電話は\10,000/年のぷりペイド携帯で十分。受け専用。携帯でメールやネットはしない。
食事に気を使いすぎず、適当に野菜など入れつつ安い食事で済ませます。高級飲食店で無駄金は使いません。


サイレントテロ活動内容(8)

金のかかる娯楽、趣味は持たない。金のかからない快楽を見つけます。非金銭的、非物質的な幸福観を追求。
必要時以外、外出しない。外出する際は必要最低限のお金しか持たず、外食や寄り道をしない。
他人に関心を持たない。友人は極力持たない。無駄な飲み会やコンパの誘いは浪費の元。
酒、タバコ、ギャンブルはやらない。ゲーセンに行かない。また、株やFXなどにも手を出さない。
子供は只の消費財。子供一人につき4千万円の出費です。親になるのは正気の沙汰ではありません。


サイレントテロ活動内容(9)

マスコミの情報は全て宣伝要素でできている。全てが何か買わせようと洗脳を目論んでいるとみなします。
テレビ、ラジオ、雑誌はなにか買わせようと煽っているだけ。マスコミの作ったブームなどに絶対に乗らない。
資産管理は世界的視点を忘れぬこと。紙幣に価値などない。日本の10坪はアメリカの1000坪。
なるべく実家で暮らす。そうでなければルームシェアなどをする。不動産屋、大家、建設業界、銀行、家電業界等に余分な金を落とさない。
郊外での生活に必要な自家用車は、中古の軽で十分。100万キロ目指します。可能ならば車を持たず自転車に乗る。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

追伸 ただ、これ楽しいのか??w所々あきらめ主義にもとれるってのが面白いけどw 金に頼らず楽しい事を追求して行きましょう。

05

Category: 未分類

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

生きてくためにはマネーマネー~久々の更新~
『Bボーイに聞いた!将来なりたい職業』



昔、雑誌の街角インタビューでそんな記事を見た。



「DJか金持ち」





すんません、思い出しただけですw



ついでに言うと、俺も金持ちになりたいYO!!

どのくらいかと言えば、
終電ちかい時間にクタクタになって帰宅途中、あとは帰って寝るだけ。
疲れきった頭で考える、「嗚呼、空から諭吉が降ってきたらいいな・・・」
そんで実際降ってきた時の街中のカオスぶりを想像しながら、ささっと50万くらい拾う。
そのまま日本から脱出してバリに行く。絶対バリ。
ゼニが尽きたころ日本に戻ってしれっと何事も無かったようにもとの生活にもどりーの、、、嗚呼。。ってそれでは金持ちではない。


つまり旅行に行きたい。



今の時期、というか1年を通して大学生はPCの前で就活サイトを開いてあまりに多過ぎる企業をしぼる際の指数としてわかりやすい給料の記述ばっかり見ている。

登録企業が多過ぎて、とりあえずエントリー前にある程度数を絞っていい企業を見つけなければならんっちゅう事で、判断基準の一つだけど、そのうち探すのに飽きて初任給が高い企業を調べているのが大半である。

仕事なんて社会人経験の無い学生にとってはやっぱり未知の世界であるから必要以上に慎重にずいぶん長い準備期間がかかってしまうでしょうか。

方向性は大事だけど確認作業的な自己分析は意味が無い。



なんのこっちゃない、衣食住を確保するには働いて給料をもらわなイカン。
衣食住の確保が出来たら、残ったゼニで出来る事を考える。


あれがしたい、あれが欲しい、うまいもん食いたい、髪切りたい、仕事で疲れたからマッサージしよ、将来のために貯金もしないと、でもとりあえず旅行行きたい、、、って全然足りないじゃん。あれ?なんか体調悪い、病院行かないと、ってゼニがないやん。給料入るまで耐えてとりあえず一番に病院行こうかな??


「ああー空から金が降ってくればなぁぁぁぁ、金のなる木でもいいけど」



そんな塩梅で健康管理にもゼニがかかってしまう。管理社会でストレス溜まりーの、はけ口をみつけてリフレッシュすんにはお金かかりーの。


これがお金宗教のタネである。
タネを育てるとゼニは咲かないけどゼニゲバが誕生する。


金を持っても欲はmore&more だから結局ゼニで心は満たされない的な事をいいたいんだけど、つまりは貧乏しているのである。



ただ、

意外とこんなムダな会話が楽しかったりするもんだからストレスや苦しい経験も捨てたもんじゃない。
決して満たされない108の煩悩に悩みながら、それを誰か人と共有する事で新しいなんか生まれたりする。

それが自分の環境の改善になるっていう事ですよ。捉え方次第。

「バリに行きてーな」はそこに自分の理想郷を押し付けて頭の中で楽しむもんなんじゃないかと。

行けるならすぐ行きたいけどw



えらくダラダラ書いたな、オチも尻つぼみで読んだあなたはストレスが溜まったかもしれませんw

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。